お盆休み~弁護士業界夏の業務

所長の弁護士青山です。

皆さん、夏のお盆休みがそろそろ終わられたところでしょうか?製造業のかたは、夏の大型連休の真っ最中かもしれません。

さて、我々弁護士業界も、夏は少しくつろげることがあります。もっとも、ライトハウス法律事務所は、個別に夏休みをとるので、一斉に夏期休業で事務所を閉める、ということはありません。

というわけで、お盆休みの間も仕事をしている訳ですが、人様がお休みの間に仕事をする、実はこれがなかなかいいものなのです。

まず、電話が掛かってくる頻度が圧倒的に少なく、起案(訴状や準備書面の作成)に集中できます。また、いつも混んでる道路も空いているので、通勤も快適です。

裁判所も休みはないのですが、裁判官が前期・後期に分けて20日間の長い夏期休廷をとっているので(もっとも持ち帰り仕事はされているようですが)、裁判も少なく、特にお盆休みは原告・被告の代理人があまり期日を入れないので、裁判所に行くことも自然と減ります。

そんなわけで、今年も少しゆっくりと、お盆休みの仕事という贅沢?を味わいました。

青山雅幸 の紹介

ライトハウス法律事務所所長。 一見怖そう。人情に厚く涙もろい一面も。
カテゴリー: 青山雅幸 パーマリンク

コメントは停止中です。