日本はそこまで草食か? DJポリス?

ワールドカップアジア予選で日本が本線進出を決めた日、渋谷のスクランブル交差点を通行規制するという、極めて“余計なお世話“を警視庁が実施した。

若者たちが、Wカップ本戦進出という、極めて困難なチャレンジを日本代表チームが成し遂げた日、多少はめをはずし気味に騒ぐことを、過剰に抑え込む必要がどこにあるのだろう。

管理社会、管理社会、管理社会だ。

小学生や幼稚園児がなぐりあいの喧嘩をするだけで大騒ぎの日本社会、世界で伍していくための若者の牙は抜かれっぱなし。つまらない規制をすることを批判するのがマスコミの役割のはずなのに、権力による過剰な制限に無批判に追従し、その先兵をほめそやす。

そして、「警視総監賞」。 大衆操作という意味では大成功な事件ではあるが、それを無批判に追従する。

マスコミのみなさん、あなたがたはなんのために存在しているのですか?

青山雅幸 の紹介

ライトハウス法律事務所所長。 一見怖そう。人情に厚く涙もろい一面も。
カテゴリー: 青山雅幸 パーマリンク

コメントは停止中です。