カナブン三昧

この3日間でカナブンを3匹発見しました。

 

1匹目は、ランチにいったお店のソファにしがみついている0.5cmくらいのカナブン

 

2匹目は、我が家の窓の外側にへばりついている2cmくらいのカナブン

(10時間くらいへばりついていたけど、今朝、無事いなくなっていました)

 

3匹目は、道ばたでくたばっている2cmくらいのカナブン

 

それまで、カナブンという名前は聞いたことがあったし、なんとなくのイメージはありましたが、

明確に認識したのは、今回が初めて。

 

マジマジ見てみると、胴体が緑で、お尻のところに茶色のフサフサがついていて、

なんか気持ち悪い。。。

 

今まで認識したことがないくらいなのに、ここにきて急に3匹も出会うとは・・・

静岡市で大量発生しているのでしょうか・・・

 

そもそも、カナブンって、一般人の感覚として、ゴキブリのように嫌われる部類なのか、

カブトムシのように鑑賞される部類なのか、それすらよく分からないけど、

テントウムシすら苦手な私的には、受け付けがたいものがあります。

 

というわけで、写真も撮っていません。

なので、今回は、文字だけのブログでした。

 

門城亜紀子 の紹介

典型的なA型人間(自称)。
カテゴリー: 門城亜紀子 パーマリンク

コメントは停止中です。