よくあるご質問

HOME > 医療過誤 > よくある質問
ご相談までの流れ ご相談までの流れ
弁護士募集

【医療過誤】

専門知識が必要な医療のことについて、どうやって弁護士が過失の有無を判断するのですか

確かに、いくら研究をしているといっても、弁護士は医師ではありません。
このため、医療過誤事件を依頼された場合は、原則、医療調査を先行させます。これは、問題となっている事件(例えば、出産の問題なら産科医、脳出血の問題なら脳外科医等)の専門分野の医師に、医療記録一式をご覧頂き、専門的なアドバイスを頂戴し、さらにこれに弁護士としての専門的判断(裁判においていかに立証できるか、関連する判例はどうなっているか)を加えて、事件として成り立ちうるかどうかを調査するというものです。

ここで大事なのは、2つの点です。専門医に意見を聞くには、弁護士の側にも一定の医学的素養が必要です。専門的知識に関する説明を受けたときに、十分に理解する必要があるからです。
もうひとつは、医師の判断だけでなく、医療過誤訴訟の経験のある弁護士が、訴訟に勝つためにはどういったやり方がとりうるのか、きちんと判断しなければならないのです。

つまり、医療過誤事件において、医療を評価するためには、医療過誤訴訟について豊富な経験のある弁護士が、専門医のアドバイスを仰いだ上で、詳細な検討を行う必要があるのです。

ご相談について
毎月1回 医療無料電話相談実施中
相談内容についてお電話での回答はできません。
新規ご相談お申込専用ダイヤル