債務整理

HOME > 債務整理
ご相談までの流れ ご相談までの流れ
弁護士募集

債務整理について

多重債務問題を解決しなければならない理由

例え浪費や遊興による多重債務であっても、救済がなければ、自殺、心中、強盗を招くことはご承知のとおりです。このような極端なケースだけではなく、多重債務を放置すれば、知人から多額の借金をしたり、連帯保証人という2次被害者を次々に生み出すこととなります。多重債務者の救済は、本人の救済だ けではなく、第三者の救済にもつながるのです。

一方、貸金業法改正前には、一度借りれば数年のうちに間違いなく破綻に至るような高金利での貸し出しを、ろくな審査もしないで行うサラ金業者のオーナーが、長者番付の上位に軒並み顔を出していたという状況もありました。サラ金業者の高金利は、破産による貸し倒れをかなりの確率で見込んでいるものであ り、債務者だけを非難するのは均衡を欠くものといえるでしょう。

幸いにして、利息制限法違反の貸出について、最高裁が明確に違法との判断を下し、平成20年、金融業者に対する規制が強化されましたので、一時に比べれば多重債務問題は、減少傾向にあります。

しかしながら、近時諸物価が大幅に値上がりしている傾向にあり、収入は頭打ちのため、生活困難型の破産事件が増加することや、住宅ローン破産、事業者破産が増加することも予想されます。

多重債務に取り組む行政、専門家は、単に債務を減らす、無くすというだけでなく、市民の生活を再建させる、という意識が是非とも必要です。

方法の選択

サラ金からお金を借り過ぎて首が回らないところまでいってしまった場合の解決方法には、大きく分けて任意整理、個人再生、自己破産という3つの方法があります。

個人再生、債務整理ではいかに支払額を減らしたとしても、借金を返済していくことに変わりはないため、もともと生活が苦しくて借りたような場合は、 結局返済できないという結果に陥りがちです。住宅ローンが苦しくて借りたような場合個人再生の住宅ローン特則を勧めるところもあるようですが、かなり無理 な計画となりがちです。

破産は大変だと思われがちですが、特に同時廃止の場合にはほとんでデメリットはありません。
浪費で借りたので浪費さえやめればある程度の返済資金の余裕がある、あるいは借入が長期で利息制限法に引き直せば極めて少額しか残らない、もしくは過払金が発生するなど特別な事情がない限りは、無理をせずに自己破産を選択するのがベターでしょう。

任意整理

【支払いをしていく方法】

利息制限法で再計算した後の残債務を代理人弁護士と債権者との和解交渉で支払いをしていく

【こんな方にオススメです】

  • 浪費で借りたので浪費さえなければある程度の返済資金の余裕がある方。
  • 長期間借入をしていて利息制限法に引き直せばきわめて少額しか残債務が残らない方。
  • もしくは引き直しにより過払いが発生する可能性が高い方。

→【任意整理】についてもっと詳しく

個人再生

【支払いをしていく方法】

裁判所へ申立をして行う法的整理

【こんな方にオススメです】

  • 住宅を手放したくない方。
  • 取引期間が短い、利息の低いところからの借入であるなど、利息制限法引き直し後も残債務額が減らない方。
  • 毎月安定した収入がある方。

→【個人再生】についてもっと詳しく

自己破産

【支払いをしない方法】

裁判所へ申立をして行う法的整理

ア)同時廃止事件(ほとんどの方がこちらになります)

イ)管財事件(会社代表者、個人事業を営んでいた方)
・管財人(裁判所が選んだ弁護士)が資産を換価・配当する手続き
・弁護士費用とは別に裁判所に納める予納金が必要

【こんな方にオススメです】

  • 利息制限法で引き直しても残債務が減らない方。
  • 浪費ではなく、もともと生活が苦しくて借入をしてしまった方。

→【自己破産】についてもっと詳しく

費用について

任意整理にかかる弁護士費用

1 事務手数料 金融会社1社につき21,000円(消費税込み)
分割払いが可能です。
2 着手金・成功報酬 過払金の返還があった場合に限り
「支払いを免れた金額」+「実際に返還された過払金」の各10%(消費税別)
3 実費 過払金返還請求に関して、裁判をしなければならなくなった場合には、裁判所に納める印紙代、郵便切手代金等をご負担いただきます。

【 ライトハウスはココが違う 】

ライトハウス法律事務所では「借金が減額されただけ」の時には、着手金も成功報酬もいただきません。
たとえば ・・・「 あなたが、Aというサラ金業者から50万円を借り入れていて、弁護士に依頼した結果、借金が20万円に減額された」という場合を考えてみましょう。
この場合、「50万円が20万円に減額されたのだから、30万円の得をした」ということになるため、多くの法律事務所では、この減額分についても10%程 度の成功報酬を加算しています。けれども、金額は減ったとは言え、あなたはまだ20万円もの借金を、分割払い等で返済しなければならず、これに成功報酬の 支払いまで加わったら、大変です。
そこで
ライトハウス法律事務所では、借金が減額されただけの時には、成功報酬はいただきません。
そのかわり、過払金が返還された場合にのみ、過払金返還についての着手金と成功報酬として、
「支払いを免れた金額」+「実際に返還された過払金」の各10%(消費税別)をいただいています。

破産にかかる弁護士費用

1 着手金 157,500円(消費税込み) ~
※ 過払金の有無に関する調査費用も含みます。
※ 不動産を多くお持ちの方や、会社を経営されている方など、ご事情によっては若干の追加費用をいただくことがあります。
※ 分割払いが可能です。
2 着手金・成功報酬 過払金の返還があった場合に限り
「支払いを免れた金額」+「実際に返還された過払金」の各10%(消費税別)
3 実費 25,000円
※ 裁判所に支払う予納金や印紙代等全て含みます。

【 ライトハウスはココが違う 】

他の法律事務所では、破産が成功した = 借金がゼロになった 場合に、そのゼロになった借金の10%から20%を、成功報酬として加算することがあります。
けれども、ライトハウス法律事務所では、破産手続きに関しては、成功報酬はいただきません。
当事務所では、自己破産手続きをされる方でも、過払金の返還が見込めるサラ金業者については、過払金の有無について調査を行います。うまくいけば、過払金の中から、破産の着手金もまかなうことができ、そうすることで、依頼者の方のご負担を少しでも軽くしようと考えるためです。
過払金が発生していることがわかれば、サラ金に対して返還請求を行い、過払金が返還された場合にのみ、過払金返還についての着手金と成功報酬として、「支払いを免れた金額」+「実際に返還された過払金」の各10%(消費税別)をいただいています。

個人再生(小規模個人再生・給与所得者等再生)にかかる弁護士費用

1 着手金 262,500円~(消費税込み)
※ 借金の金額や、借入先の数・住宅ローンの有無は問いません。
※ 過払金の有無に関する調査費用も含みます。
※ 分割払いが可能です。
2 着手金・成功報酬 過払金の返還があった場合に限り
「支払いを免れた金額」+「実際に返還された過払金」の各10%(消費税別)
3 実費 40,000円
※ 裁判所に支払う予納金や印紙代等全て含みます。

【 ライトハウスはココが違う 】

このホームページをごらんになっている方の中には、司法書士に依頼をしたほうが費用が少なくて済むと考えていらっしゃる方もいるかもしれません。
けれども、司法書士に依頼することについては、残念ながらおすすめできません。一見、費用が少なくて済むように見えますが、実はそうではないからです。
それはなぜでしょう。
司法書士は、書面を作成することを業務としているため、あなたの返済能力などを全く考慮せず、実現不可能な返済計画を裁判所に提出することがあります。このため、司法書士が作成した書類による申立ての場合、「再生委員」といって、あなたが本当に支払い能力があるかどうかを監督する弁護士を、裁判所が選任することになります。この「再生委員」が選任されると、あなたは、司法書士に支払う費用のほかに、再生委員の報酬として、15万円を別に用意しなければならないのです。
当事務所で個人再生のご依頼をお受けした場合、弁護士があなたの収入や毎月の生活費等を検討し、返済をきちんと行うことができるかどうかについて、注意深く判断をします。このため、ライトハウス法律事務所に依頼された場合「再生委員」が選任されることはほとんどありません(実際、現在までに当事務所で申立てを行った個人再生事件において、再生委員が選任されたケースはありません)。
このため、ライトハウス法律事務所に依頼されたほうが、実際には少ない費用で、しかも、確実に、手続きを行うことができるのです。

手続きの流れ

債務整理手続きの流れ
ご相談について
毎月1回 医療無料電話相談実施中
相談内容についてお電話での回答はできません。
新規ご相談お申込専用ダイヤル