弁護士費用

HOME > 弁護士費用
ご相談までの流れ ご相談までの流れ
弁護士募集

弁護士費用とは

※平成23年9月1日改正 (改正日以降の契約に適用となります)

当事務所では、以下のように弁護士費用の種類を取り決めています。

1 法律相談料 法律相談(原則は30分単位です)の対価としていただきます。
通常、30分5,000円(消費税別)です。ただし、借金に関する法律相談料は無料です。
2 事務手数料 事務処理の手数料です。
3 着手金 事件をお引き受けした時にいただきます。
事件の成功・不成功にかかわらずご返金はいたしません。
4 成功報酬 事件が終了した際に、その成果に応じていただく費用です。
5 実費 事件を処理するために支出した、交通費や郵便切手・印紙代・コピー代などです。

一般事件の場合

(1)基準となる額

弁護士の費用というのは、「争いとなっている額」を基準として決まります。

例えば、Aさんは、ある交通事故の損害賠償額としてB保険会社から1000万円の提示を受けたとします。Aさんは、その額では不満なので弁護士に頼むこ ととしました。弁護士は、2000万円が適切な賠償額と考え、その額を支払うようB保険会社と交渉し、2000万円を得ることに成功したとします。
この場合、もともとの1000万円(争いのない額)については弁護士費用の対象となりません。
弁護士費用の対象となるのは、この争いのない1000万円を引いた残りの1000万円(2000万円-1000万円=1000万円)です。
この1000万円(つまり、増える額)に対し、着手金、成功報酬が計算されることになります。

成功報酬図

なお、相手方が支払を全面的に争っているような場合は、争いのない額は0円となりますので、報酬の対象となる部分は2000万円となります。

成功報酬図

(2)報酬額の計算

日本弁護士連合会の旧報酬基準規定(注:平成16年3月31日廃止されておりますが)は下記のようになっています。また、当事務所においては、医療過誤などは難易度が高いため、事件によって報酬が異なります。

経済的利益の額 着手金 報酬額
300万円以下の部分 8% 16%
300万円を超え3000万円以下の部分 5% 10%
3000万円を超え3億円以下の部分 3% 6%
3億円を超える部分 2% 4%

(1)の例で計算すると(争いのある額1000万円の場合)
着手金は、59万円(300万×8%+700万×5%)
成功報酬は、118万円(300万×16%+700万×10%)
合計177万円となります。

つまり、Aさんは、弁護士を頼むことにより、1000万円多く損害賠償を得ることができ、それに対する報酬は着手金・成功報酬あわせても177万円なので、差引823万円得をしたことになります。

Aさん 損害賠償額 弁護士費用 得る額
弁護士を頼まなかった場合 1000万円 - 1000万円
弁護士を頼んだ場合 2000万円 177万円 1823万円

つまり、弁護士を頼んだ方が手元に多くお金を得ることができます。

支払方法・分割払いや後日精算も可能

弁護士に依頼したくとも、費用が払えないと思ってためらわれている方も多いと思います。特に破産・債務整理等の場合、まとまったお金がないのが普通でしょうし、交通事故・医療過誤・離婚などでも損害賠償金がとれれば払えるけど、今はお金がないという方もおられるでしょう。しかし、弁護士を頼まなかったばかりにみすみす損をしている方が多いのも事実です。

そこで、当事務所では、その方の資力や事件の種類によって、(1)多数回の分割払い(破産等)や(2)着手金の内一部のみを先に支払って頂いて残りは成功した際に精算して頂く(交通事故・医療過誤等)(3)法律扶助*2(離婚等全般)というお支払方法も取り入れていますのでお気軽にご相談下さい。

また、破産や債務整理の場合は、過払金請求や、保険解約返戻金(これが20万円以上あれば解約して債権者に配分しなければならないので、先に弁護士費用に充当しないと損をする場合があります)・不動産売却代金・売掛金などからまかなえる場合が多いので、あまり心配せずにまずはご相談して下さい。

*1 このページの説明は、あくまで当事務所の考え方です。弁護士によって考え方が異なる場合がありますので、ご自分が相談される弁護士に確認して下さい。

*2 法テラスが弁護士費用を立替払いしてくれ、依頼者は法テラスに月々一定額を分割払いしていくという公的制度。訴訟が終わるまで返還開始を猶予する制度もあります(法テラスが決める事項です)。ただし、資力(財産)が一定額以上あると使えません。

ご相談について
毎月1回 医療無料電話相談実施中
相談内容についてお電話での回答はできません。
新規ご相談お申込専用ダイヤル