業務案内

HOME業務案内

Service

医療過誤...more

被害を受けた場合に損害賠償請求を行うこと、それは当然な行為です。
医療過誤事件において、医療を評価するためには、医療過誤訴訟について豊富な経験のある弁護士が、専門医のアドバイスを仰いだ上で、詳細な検討を行う必要があります。
医療過誤についてお悩みの方は、まずは、専門知識と経験が豊富なライトハウス法律事務所にご相談ください。
丁寧かつ率直なアドバイスをいたします。

離婚...more

離婚は「離婚届」出すだけでできる簡単なものと思われがちです。しかし、離婚は、これまで夫婦でともに築いてきた関係を終了させ、新たな一歩を踏み出すものです。そのため、離婚にあたっては、子どものことや財産のことなど、きちんと取り決めをしておくべきことがいくつかあります。新たな一歩を確かな一歩とするために、まずは専門家である弁護士にご相談ください。

交通事故...more

できるだけ避けたいことではありますが、車社会の現代、交通事故の加害者になることもあれば被害者になることもあります。損害を最小限にするためにも、交通事故に遭われた時や交通事故を起こしてしまった時は、自分で解決しようとせずに、弁護士にご相談ください。

債務整理...more

サラ金からお金を借り過ぎて首が回らないところまでいってしまった場合の解決方法には、大きく分けて任意整理、個人再生、自己破産という3つの方法があります。

個人再生、債務整理ではいかに支払額を減らしたとしても、借金を返済していくことに変わりはないため、もともと生活が苦しくて借りたような場合は、 結局返済できないという結果に陥りがちです。住宅ローンが苦しくて借りたような場合個人再生の住宅ローン特則を勧めるところもあるようですが、かなり無理 な計画となりがちです。

破産は大変だと思われがちですが、特に同時廃止の場合にはほとんでデメリットはありません。
浪費で借りたので浪費さえやめればある程度の返済資金の余裕がある、あるいは借入が長期で利息制限法に引き直せば極めて少額しか残らない、もしくは過払金が発生するなど特別な事情がない限りは、無理をせずに自己破産を選択するのがベターでしょう。

顧問契約...more

「取引先と新規の契約をしたいが、我が社にとって不利な条件ではないか」「従前からの契約書で継続的な取引をしているが、見直さなくてよいのだろうか」「契約書は作ったが、その後の取引でトラブルになってしまった」「取引先から訴訟を起こされた」・・・など。
当事務所では、単に契約書を作成するのみならず、新規の契約にあたって取引先との契約条件交渉や、契約後に発生した紛争についての交渉、訴訟対応などを行っています。紛争を未然に防ぎ、あるいは紛争が発生してしまった場合に会社の利益を守るためには、継続的に相談できる顧問契約が安心です。法人、個人事業主を問わず、実績ある当事務所にご相談ください。

その他の分野について

〇消費者被害  〇遺言・相続  〇個人事業縫主破産・再生  〇企業再生  〇企業間交渉  〇株主総会対策

  

弁護士法人 ライトハウス法律事務所

〒420-0031 静岡市葵区呉服町1丁目1-14呉服町圭田ビル3F
新規専用ダイヤル/0120-34-0577
電話/054-205-0577 FAX/054-205-0580