債務整理の解決事例

HOME解決事例債務整理

Medical error Solution case

最近の解決事例の中から、依頼者のご承諾を得て紹介しております。

40代 男性 Bさん借入合計額:2900万円以上(住宅ローン含む)

住宅ローン特別条項付小規模個人再生を利用し、住宅ローン以外の負債を大幅に圧縮

【事案】

Bさんは、数年前に住宅を購入し、共働きの妻と協力して住宅ローンを支払いつつ、家族とともに穏やかな毎日を過ごしていました。Bさんには住宅ローンと車のローンのほかには、特に大きな借金はありませんでした。

そんなある日、Bさんの親戚が経営していた会社が倒産してしまいました。Bさんは、数年前、経営者であった親戚に頼まれて、その会社が銀行や取引先から融資をうける際に保証人になっていました。このため、会社の倒産とともに、約1,500万円もの保証債務が、一気にBさんにふりかかってきたのです。

交渉経緯

Bさんは、負債金額も大きく、Bさんに浪費なども見受けられなかったことから、当初、破産も検討していました。しかし、破産になれば住宅を手放さなければなりません。

子ども達や、要介護状態にある母のために、どうしても住宅を手放したくない、というBさんの強い希望があったため、当事務所では、住宅ローン特別条項付の小規模個人再生手続きを選択することにしました。

Bさんのケースでは、住宅ローンは今まで通りに支払い、そのほかの借金を5分の1にまで減額して、5年間の分割払いで支払っていく方法を選択しました。それでも、負債額が、住宅ローンのほかに1,500万円もありますから、5分の1と簡単に言っても、支払額は総額300万円に昇ります。5年間で分割するとなると、毎月、住宅ローンのほかに5万円も支払わなければなりません。

【解決】

当事務所では、Bさんの返済可能性を確認するため、事前にBさんに簡単な家計収支表を提出していただき、また、返済が始まるまでの間、月々5万円ずつの積立てをしていただくなどして、慎重に手続きを進めました。

この結果、裁判所から、認可決定を受けることができ、現在、Bさんは自宅を手放すことなく、住宅ローンとともに、月々の返済を続けています。

  

弁護士法人 ライトハウス法律事務所

〒420-0031 静岡市葵区呉服町1丁目1-14呉服町圭田ビル3F
新規専用ダイヤル/0120-34-0577
電話/054-205-0577 FAX/054-205-0580