債務整理の解決事例

HOME解決事例債務整理

Medical error Solution case

最近の解決事例の中から、依頼者のご承諾を得て紹介しております。

50代女性 Fさん借入合計額:350万円(銀行・クレジット会社等社)

ご家族に知られることなく破産手続申立により借金を整理

【事案】

Fさんが借入をはじめたきっかけは、夫から十分な生活費をもらうことができなかったためです。
月に3万円しか渡されない夫からの生活費では、食費や光熱費、子どもの学費や医療費などをまかなうにはとても足りません。このため、Fさんは、もともと持っていたクレジットカードを利用して、キャッシングをするようになりました。

キャッシングを利用すれば簡単にお金が手に入るため、Fさんの借金はどんどんふくらんでいきました。

数年後、夫と離婚することになったFさんは、アパートに引っ越して、子ども達と生活をはじめました。しかし、Fさんのパートの収入だけでは、アパートの家賃と生活費を支出することで精一杯で、借金の返済をする余裕は全くなく、当事務所にご相談におみえになりました。

【交渉経緯】

借金について、ご家族に全てを話し、理解を得られることが最善であることは言うまでもありません。けれども、実際には、「借金を打ち明けたことがもとで、家族でトラブルになってしまったら」との不安から、誰にも言えずに悩んでいる方も多くいらっしゃいます。

また、返済に困って、ヤミ金などから借入をしてしまえば、勤務先やご家族を巻き込んで、大変なトラブルに発展してしまう可能性もありますし、かといって返済をしないでいれば、裁判を起こされ、給与や財産を差し押さえられてしまい、最悪な形でご家族や勤務先に知れてしまう可能性もあります。

Fさんは、借金をしていることは、誰にも内緒にしていました。

このため、一緒に住んでいる子ども達に、弁護士に頼んでいることや、破産をしていることを知られてしまったらどうしよう、と、当初、大変心配されていました。

【解決】

当事務所では、「家族に債務整理をしていることを知られたくない」という方には、個人名でお電話をしたり、普通の茶封筒でお手紙をお送りするなど、ご家族に知られないための配慮をさせていただいています。

また、弁護士が介入すれば、サラ金などからの督促は止められますし、裁判所からの破産に関する通知は全て弁護士宛に届きますので、ご家族に知られないで破産申立を行うこともできます。(実際に、当事務所では、多くの方々が、ご家族に知られることなく、破産手続きを含む借金の整理手続きを終えられています)

結局Fさんは、当事務所に破産申立手続きを委任され、ご家族に知られることなく破産・免責決定(借金を免除しますよ、という決定)を受けることができ、借金の支払いを免除されました。

  

弁護士法人 ライトハウス法律事務所

〒420-0031 静岡市葵区呉服町1丁目1-14呉服町圭田ビル3F
新規専用ダイヤル/0120-34-0577
電話/054-205-0577 FAX/054-205-0580